スポンサーリンク

堀江貴文、昼メシに金を惜しむな「ランチでは5000円のうな丼を食え」

スポンサーリンク

1: 牛丼 ★
 略

■「ランチでは5000円のうな丼を食え」と言う理由

 「起業するためにお金を貯めています! 」と言って、食事は500円ランチか、吉牛やマクドナルドで済ませている若者がいる。500円ランチもファストフードも別に不味くはないが、起業家を目指すというなら、あまり推奨できる姿勢ではない。

 美食には、お金を惜しんではダメだ!  ご飯への出費からは、投じた以上の機会創出と、知識を満たすリターンが得られる。

 安くてそこそこ腹を満たせるひとりメシを続けていると、その回数分、ライフステージを上げるチャンスを失っている。安いメシで腹を膨らませているビジネスパーソンに、良質な人脈が築けるとは思えない。

 僕は、ランチではうな丼を食え!  と言っている。それもチェーン店の1000円程度のうな丼ではなく、浅草や日本橋など老舗店のうな丼を食べてほしい。ひとりで5000円以上するが、その金額分の情報の獲得と、学習の代金だ。

 5000円のうな丼を食べる、それ自体が情報のシャワーだ。

 このご時世に、なぜ5000円もの値段がついているのか?  味を維持する方法は?  経営がどう回っているのか?  知れば有益な情報が丼いっぱいに詰まっている。

 高額のランチは、外食産業の構造を考えるのに格好の機会だ。舌を通して考えるので、思考はより深まり、学びの質も上がるだろう。

 美食を楽しむには、健康であることも大事だ。体調のバロメーターとしても、役に立つ。食事への出費は、ただの贅沢ではない。投資としてもいいことずくめなのだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd9d419cc22e28cad10f2bfa5a1bb74452f91fc6?page=2

引用元: ・堀江貴文、昼メシに金を惜しむな「ランチでは5000円のうな丼を食え」 [牛丼★]





4: 名無しさん@恐縮です
>>1
餃子は?

2: 名無しさん@恐縮です
野菜食え

3: 名無しさん@恐縮です
馬鹿な事言ってんじゃない!

5: 名無しさん@恐縮です
そんな時間がねえわ
このデブは時間のマネジメントが下手とか言うんだろうけど無理

6: 名無しさん@恐縮です
豚になる方法

7: 名無しさん@恐縮です
ギョーザ問題

8: 名無しさん@恐縮です
野菜食わないのに?

9: 名無しさん@恐縮です
お前は野菜を食え

10: 名無しさん@恐縮です
アメリカの大企業の創業者ってマック大好きな人多いよね

11: 名無しさん@恐縮です
ネタ探しに翻弄中

12: 名無しさん@恐縮です
餃子食うわ

13: 名無しさん@恐縮です
ひろゆきにポジション奪われてから迷走しっぱなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました