【映画】キンコン西野「えんとつ町のプペル」映画チケットがマルチ商法化

【映画】キンコン西野「えんとつ町のプペル」映画チケットがマルチ商法化





1: サーバル ★
キンコン西野「えんとつ町のプペル」映画チケットがマルチ商法化
2021/01/13 19:24

2020年12月25日アニメ映画版が公開された、えんとつ町のプペル。キングコング西野亮廣の原作、脚本、監督する同名絵本の映画化だが、オンラインサロン「西野亮廣のエンタメ研究所」でサロンメンバーにチケットを発売。その手段がもはやマルチと話題になっている。

西野亮廣のエンタメ研究所メンバーにえんとつ町のプペルチケット発売
 ↓
中身は「映画のシナリオ台本、前売りチケット」を原価あで仕入れ、メンバーが販売できる権利で40セット12万、80セット23万6000円。
 ↓
1セット3000円、値段をあげて売ればメンバーも儲かるという仕組み

全力で買った会員も

続きはソース
https://note.com/gekiurajouhou/n/n3570b88ab088


引用元: ・【映画】キンコン西野「えんとつ町のプペル」映画チケットがマルチ商法化 [サーバル★]





2: 名無しさん@恐縮です
捕まってないだけの詐欺

3: 名無しさん@恐縮です
ねずみ講アムウェイのまんま

5: 名無しさん@恐縮です
販売できる権利??

6: 名無しさん@恐縮です
俺は頭が良い特別だ。他の奴らは馬鹿。
こういう奴らがホイホイ騙される。

7: 名無しさん@恐縮です
すてきやん!!

8: 名無しさん@恐縮です
ねずみ講みたいなもん?

10: 名無しさん@恐縮です
教祖様!


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク