【歌詞】尾崎豊の「15の夜」は迷惑ユーチューバーレベル?理由なき反抗を取り締まる「不謹慎アレルギー」




 


【歌詞】尾崎豊の「15の夜」は迷惑ユーチューバーレベル?理由なき反抗を取り締まる「不謹慎アレルギー」




ピックアップ11

 


1: muffin ★
https://myjitsu.jp/enta/archives/85203

若者はいつの時代も大人たちに反抗しようとするもの。多少社会から逸脱しても、若気の至りとして許される…という雰囲気が昔はあった。しかし最近では若者たちの“理由なき反抗”を批判する風潮が強くなっているようだ。

先日掲示板上では、尾崎豊の名曲『15の夜』をめぐる議論が繰り広げられ、大きな注目を集めていた。同楽曲の「盗んだバイクで走り出す」というフレーズはあまりにも有名。しかし今の若者はバイクを盗まれた側に感情移入し、憤りを覚える…というのが実情らしい。

ネットユーザーの多くは、歌詞の内容に対して《この支配からの卒業とか歌詞ぺらっぺらすぎる》《昔の人は悪いことするのがかっこいいと思ってたんやろなぁ》《今で言うところのへずまりゅうでは》などと激しい批判を繰り広げていた。

とはいえ「15の夜」は元々、反社会的な行為を美化する歌ではない。そこで表現されているのは、大人たちと分かり合うことができず、学校や家から疎外されて生きる者の心。どこにも居場所のない15歳の少年はバイクで走り出すことで、自分が自由になったかのような錯覚を得る…。

多くの人は、社会の中で一度は疎外感を覚えたことがあるはず。しかしなぜか「15の夜」に対しては共感ではなく、「不謹慎だ」とあざけるような視線が向けられてしまう。もしかすると本心では共感を覚えていたとしても、それを公言すべきではないという判断が働いているのかもしれない。

そもそも曲の中で「バイクを盗む」と歌ったところで、それが法に触れるわけでもない。しかし現在のネット社会では、たとえフィクションであっても許さない雰囲気が漂っている。いわば善悪に関する“潔癖症”のような状態だ。

またフィクションだけでなく、お笑いのネタにおいて不謹慎であることも反発を招くよう。昨年12月に放送された『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)では、お笑いコンビ『ニューヨーク』による漫才が批判を集めていた。

全文はソースをご覧ください


引用元: ・【歌詞】尾崎豊の「15の夜」は迷惑ユーチューバーレベル?理由なき反抗を取り締まる「不謹慎アレルギー」 [muffin★]





10: 名無しさん@恐縮です
>>1
時代が違うだろで終わりのアホな記事

3: 名無しさん@恐縮です
アン・ルイスのWoman
「あの日あなたと踊ったドレス~♪
冬の海へと捨てに来たから♪」

不法投棄です!

5: 名無しさん@恐縮です
歌詞が理解できないのだな、学生時代に友達のいなかった奴には

6: 名無しさん@恐縮です
ラリって他人の庭先で死んだ人だっけ

7: 名無しさん@恐縮です
マキタスポーツ乙

8: 名無しさん@恐縮です
バカの免罪符になっちゃってるよな

9: 名無しさん@恐縮です
>しかし現在のネット社会では、たとえフィクションであっても許さない雰囲気が漂っている。

実際に迷惑かける馬鹿が多いんだから、歌に不快感を抱くのも自然の流れ。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. タナカ より:

    今の若者が見てるのってレペゼン地球やヒカルみたいに
    テレビみたいな大人たちに戦って、誰よりも稼いでる男たちを見てるわけで
    それに対して尾崎豊は大人たちにボロ負けしてるわけだから、

    勝ち組と負け犬、どっちについていくかと言えば勝ち組だろ。