<どこでしくじったのか?>素顔をバラされ気づいたら「炎上キャラ」相手が最近離婚していたことから「略奪愛」疑惑も 




 


<どこでしくじったのか?>素顔をバラされ気づいたら「炎上キャラ」相手が最近離婚していたことから「略奪愛」疑惑も 




ピックアップ11

 


1: Egg ★
こじるりこと小島瑠璃子(26)の熱愛が発覚した。相手は映画化もされた大ヒット作『キングダム』で知られる漫画家・原泰久氏(45)。
小島は8月8日に自身のラジオで、交際の事実を認めた。ただ、相手が最近離婚していたことから「略奪愛」疑惑もささやかれている。

そんななか、10日には自身のツイッターにこんな投稿をした。
《SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう。想像で、ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当にもう終わりにして欲しいです。とても悲しいです》
とまあ、何かと注目されているわけだが――。そもそも、彼女はなぜここまで売れてきたのだろうか。

こじるりが売れるまでと炎上

小島は15歳のとき『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリを受賞して、芸能界入り。深田恭子や石原さとみ、綾瀬はるか(グランプリではなく、審査員特別賞)のような女優ラインではなく、
グラドルからバラエティータレントへというかたちで世に出た。これはこのオーディションの初代優勝者・榊原郁恵や井森美幸、山瀬まみの流れを汲むものだが、売れ方としてはむしろキャラバン出身系ではなくスカウト組の優香に近い。

実際、グラビア映えするルックスと明るいキャラクター、ソツのないトークでどんどん仕事を増やしていった。2015年には、テレビ番組出演本数ランキングの女性部門でトップに。
その翌年、いわゆる「ゲス不倫」騒動が起きたことから「ポストベッキー」とも呼ばれることになる。

ただ、その後、彼女が全盛期のベッキーのようなポジションに登りつめたとはいいがたい。そこまで行けなかった理由のひとつが、大物ウケがいまひとつなことだ。
たとえば、デヴィ夫人とは7年間にわたって、共演NGの関係だった。明石家さんまのバラエティーで「審査委員長役」を振られた小島が、夫人のかくし芸よりほかの人のそれを優勝にしてしまったため、逆鱗に触れたことがきっかけだ。

とはいえ、夫人だってテレビタレントだ。普通はこれほど怒らないし、小島のやったことがバラエティー的には正解だったとする見方もある。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で夫人がベッキーと仲よくやっていたことを思うと、
小島はもともと気に入られていなかったのだろう。

大物といえば、4年前、草野仁と出ていた旅番組でこんな場面を見かけた。草野が「当年とって62歳、実年齢は72歳」というオヤジギャグを口にしたとき、彼女は「当」と「十」をかけたことがわからず「実年齢って、犬みたい」と、ズレた返しをしたのだ。

これが指原莉乃や藤田ニコルだったらどうだろう。自分の無学を隠さず、ちゃんと意味を聞き返すなどして、話を広げたりするのではないか。小島には、そういう本当の賢さが足りないようにも思われる。
そんな弱点をちょくちょく露呈させているのが、最近の彼女だ。4月にはインスタライブで、筋トレを批判。

「男たるもの、見せる筋肉じゃなく使える筋肉を持っとけよって思う。役に立つ筋肉のほうがよくない? どうすんの、見かけだけの筋肉」
と語って、炎上してしまった。その後もツイッターで「筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ」と皮肉めかした言い方をしていたものだ。

2020年8月15日 21時0分 週刊女性PRIME
https://news.livedoor.com/article/detail/18740156/


引用元: ・【#小島瑠璃子】<どこでしくじったのか?>素顔をバラされ気づいたら「炎上キャラ」相手が最近離婚していたことから「略奪愛」疑惑も  [Egg★]





2: 名無しさん@恐縮です
こじるりの「好みのタイプ」
 
その翌月には『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で飲み仲間というSHELLY?にこんな素顔をバラされていた。
「なかなかの面食いです。もうホントにね『男は顔だ』っていうのを何回聞いたかなっていう。『結局ケンカとかしてても、翌日パっと見たときに、めっちゃイケメンだったら許せるじゃないですか?』って言うんですよ」

さらに、飲んだときの小島が「女になる。絵に描いた、女の子に嫌われる女子になる」とも証言。この動画コメントが流れたあと、小島は「しゃべりすぎですね」と苦笑していた。
というのも、彼女はかつて理想の結婚相手として田中裕二(爆笑問題)を挙げ「顔で好きになったことはない」とまで言っていた。つまり、これは営業妨害みたいなものなのだ。

しかも、3年前には、村上信五(関ジャニ∞)とのお泊まりデートを撮られた。ジャニーズ好きというのも、女性ファンを敵に回す要素だ。また、マッチョ嫌いも含めた選り好みの激しさは、コアな支持層である男性ファンも減らすことにつながるだろう。
そもそも、MCをやるようなタレントには「誰からも嫌われない才能」が必要。彼女はその欠落を自ら示し、他人からも示されることになったわけだ。

この春には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を降板。また『サタデープラス』(TBS系)では4月スタートの裏番組『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)に苦戦をしている。番組出演本数ランキングでも圏外に落ちてしまった。
こうなると頼みの綱は、大手のホリプロ所属ということ。そこを生かし、あびる優みたいに『アッコにおまかせ!』(TBS系)でもっと使ってもらうか、山瀬から『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)のアシスタントを譲ってもらうか――。
ただ、ここへきてのキャラ変(?)は彼女が人気漫画家との結婚と引退を視野に入れているからとも考えられる。

もともと『キングダム』の大ファンだったというこじるり。芸能界での天下獲りはあきらめてしまうのだろうか。

3: 名無しさん@恐縮です
興味ない

4: 名無しさん@恐縮です
てか、本当に離婚成立してるんか?

5: 名無しさん@恐縮です
令和のベッキー

6: 名無しさん@恐縮です
ベッキーの枠を狙ったというのはよく分かる
ただその枠は常に疑惑を向けられることになるのだが
ベッキーもこじるりも見事にハマったところ

7: 名無しさん@恐縮です
いや。そのあとで叩かれそうになったら木村花臭わせて叩くなという方向に持っていったのがこの上なく下衆

8: 名無しさん@恐縮です
キャラを作りすぎた

9: 名無しさん@恐縮です
こじるり有吉の壁クリアーならず

10: 名無しさん@恐縮です
まさか本当にベッキーと同じ末路を辿るとは
 

11: 名無しさん@恐縮です
ベッキー枠なんだから性格悪くて当たり前

12: 名無しさん@恐縮です
第二のベッキー

13: 名無しさん@恐縮です
さいたまの事を馬鹿にする人はきらい

14: 名無しさん@恐縮です
お前が筋トレ、埼玉にしてきたことだよ

15: 名無しさん@恐縮です
匂わせやハッピーアピールで相手の子供達に配慮出来てなかったから

16: 名無しさん@恐縮です
前々から言ってるけどサイエンスゼロだけは降りろ
手塚さんに戻ってもらえ
画面に華が無いだぁ?
手塚さんのネコも専属契約するんだよ!
こじるりよりよほど視聴者惹きつけるぞ!

17: 名無しさん@恐縮です
デビ美人は、早くからこいつの正体を見抜いていた

18: 名無しさん@恐縮です
サイエンスZEROでめちゃくちゃ浮いてたな
南沢奈央のほうが断然よかった

19: 名無しさん@恐縮です
元々絵にかいたような「女に嫌われる女」だからなぁ
不倫バレの前はそこをある程度は誤魔化せていたベッキーのほうがまだマシなんじゃね

20: 名無しさん@恐縮です
いつぞやのアップで絶叫するCMあたりから雲行きが怪しくなり始めた気がする





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク