ファーウェイの「古いスマホ」からもGoogle Play削除が決定、だからiPhoneにしとけと言ったのに…




 


ファーウェイの「古いスマホ」からもGoogle Play削除が決定、だからiPhoneにしとけと言ったのに…




ピックアップ11

 


1: クテドノバクター(茸) [DE]
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
Huaweiの一時的な一般ライセンスの有効期限が切れたため、古いAndroidスマートフォンで問題が発生する可能性があります

昨年、トランプの管理は、Huawei社を置き、米国商務省の「エンティティリスト、」上の子会社GoogleモバイルサービスのライセンスからGoogleにブロックされた新しいHuawei社のデバイスモデルのためには、2019年、5月16日後に使用可能になり、米国政府は、Huawei社に付与された一時的な一般的にライセンス(TGL)で、昨年は数回更新されました。 2月に同社が発表したサポート記事によると、GoogleはこのTGLにより、GoogleがセキュリティアップデートとGoogleアプリのアップデートの提供に関してHuaweiとの協力を続けることができました。ただし、Huaweiの一時的な一般ライセンスは期限切れです昨夜のように。これがGoogleアプリを備えた既存のHuaweiモバイルデバイスのソフトウェアアップデートに何を意味するのかはすぐにはわかりませんが、これは会社に問題を引き起こす可能性があります。

https://www.xda-developers.com/huawei-temporary-general-license-expired-updates-older-phones/


引用元: ・ファーウェイの「古いスマホ」からもGoogle Play削除が決定、だからiPhoneにしとけと言ったのに…





2: クテドノバクター(茸) [DE]
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
ワシントンポストによれば 、商務省は一時的な一般ライセンスを更新することはできましたが、政府機関もファーウェイも出版物からのコメントの要求に応じませんでした。ワシントンポスト紙によれば、TGLは米国の農村部のネットワークプロバイダーにファーウェイ製の機器を交換する時間を与えることを目的としていましたが、米国議会は農村部のプロバイダーが機器を交換するのを支援するための資金の割り当てに失敗したようです。Huaweiスマートフォンでのライセンスの有効期限の影響については、Googleの広報担当者であるJose Castanedaが出版物に語ったところによると、TGLは、GoogleがセキュリティのアップデートとGoogleアプリとサービスのアップデートを提供することを可能にしたものです。

3: クテドノバクター(茸) [DE]
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
「私たちは政府の規制に準拠してHuaweiと協力し続け、セキュリティのアップデートと既存のデバイスでのGoogleのアプリとサービスのアップデートを提供してきましたが、許可される限りこれを続けます。明確にするために:米国の法律により、Googleは現在、2019年5月16日までに一般公開されているデバイスモデルでのみHuaweiと連携することが許可されています。」? 2020年2月22日に公開されたサポート記事でのAndroidおよびPlay法務ディレクターのTristan Ostrowski
ただし、明確でないのは、ライセンスの有効期限が将来のソフトウェアアップデートにどの程度影響するかです。最も可能性が高いのは、既にGoogleアプリを備えたHuaweiデバイスが引き続きそれらを持っていることですが、Huaweiは、ビルドに加えた変更によってGoogleアプリとの互換性が失われた場合、Googleからサポートを受けられなくなります。したがって、Huaweiは、TGLが更新されない場合、ソフトウェアの更新をプッシュすることで軽く踏まなければなりません。

4: クテドノバクター(茸) [DE]
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
または、Huaweiは、古いデバイスにプッシュされた将来のソフトウェアアップデートでGoogleアプリを配布できない場合があります。これは、2019年5月16日より前に提供されたHuaweiデバイスモデルが引き続きGoogleによって認定されたAndroidソフトウェアを実行しているにもかかわらず、Googleが提示する要件に確実に準拠するために、Huaweiが展開するすべての新しいソフトウェアアップデートを認定する必要があるためです。 Googleモバイルサービスを配布します。2019年5月16日より前に利用可能になったデバイスモデルを認定するためだけであっても、GoogleがHuaweiと合法的に協力できなくなった場合、GoogleはHuaweiと連携して、以前の場合でも将来のソフトウェアアップデートで更新されたGMSビルドを配布できなくなる可能性があります-認定スマートフォン。Googleアプリの完全な削除と同じくらい抜本的なことが起こるとは限りませんが、SafetyNet Attestation。一部のバンキングアプリやモバイル決済アプリとの互換性が失われています。

5: アシドチオバチルス(茸) [ニダ]
中韓の反発が予想されるもよう

6: ビブリオ(茸) [US]
まさに文鎮

7: クテドノバクター(茸) [DE]
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
TGLが更新されない場合、セキュリティ更新への影響はそれほど大きくありません。Googleは、次の月例のAndroidセキュリティ情報が公開される前に、セキュリティパッチをマージする月にOEMを与えます。TGLの有効期限が切れているため、Huaweiはセキュリティパッチの公開を止められる可能性がありますが、セキュリティ情報が公開された後でも、セキュリティパッチをマージすることができます。これは、AndroidフレームワークとLinuxカーネルパッチがオープンソースであるため、HuaweiがそれらをマージするためにGoogleに依存する必要がないためです。ただし、これには注意点が1つあります。Huaweiがクローズドソースコンポーネント用のベンダーからのパッチを必要とする場合があります。Googleからパッチを入手することはできませんが、ベンダーから直接入手することは可能です。

Huaweiの新しいスマートフォンはGoogleアプリに同梱できず、古いスマートフォンはGoogleから直接サポートを受けられなくなっている可能性があるため、代替アプリと開発エコシステムを構築することは、これまで以上に重要です。

この記事は、ESTの午後9時3分に更新されました。これは、GMSを備えた既存のデバイスが、ソフトウェアのアップデート後にGoogleアプリにアクセスし続ける可能性が高いことを明確にするためです。また、ライセンスの有効期限がGoogleとHuawei間のコラボレーションにとって何を意味するかをより明確に説明するために、明確化が行われました。

8: キロニエラ(東京都) [BR]
中国の許可はとったんですか!?

9: ゲマティモナス(光) [KR]
わし勝ち組や

10: クテドノバクター(茸) [DE]
Yモバイルの解約した超古いやつも?

11: リケッチア(茸) [US]
やいドコモ!
俺はこの端末の残債払わねえからな!

2chMate 0.8.10.68/HUAWEI/HW-01K/9/LR

12: デスルフォバクター(茸) [SE]
ドコモのタブレットとかどうすんの?

13: ロドスピリルム(茸) [ニダ]
dTab回収するのか?

14: アシドバクテリウム(茸) [ニダ]
ファーウェイ買ったやつw

15: キロニエラ(東京都) [BR]
おい!楽天!どうしてくれるんだよ!

2chMate 0.8.10.68/HUAWEI/POT-LX2J/10/DR

16: フソバクテリウム(ジパング) [US]
ざまぁ

17: ミクロモノスポラ(奈良県) [HK]
ファーウェイ以外もそのうちこうなるんだろうな

18: デスルファルクルス(ジパング) [US]
あいふぉーーーーん(笑)

19: カウロバクター(茸) [CN]
P20lite終わったな

20: フランキア(ジパング) [ヌコ]
さすがにもう買い換えただろ
分かりきってたことだし





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク