手越祐也に広瀬香美、宮迫博之、TKO木下、オリラジ中田… 都落ち感漂う芸能人のYouTuber化を考える




1: jinjin ★
手越祐也に広瀬香美、宮迫、木下、中田。都落ち感漂う芸能人のYouTuber化を考える

芸能人のYouTuber化が目立つ。それぞれの事情、それぞれの需要によるものだろうが、全体的に漂うのは、都落ち感だ。
本業あるいは本拠地でもっと売れていれば、そこまではしないだろうと感じてしまうのである。

ちなみに、芸能人YouTuberランキング(「週刊朝日7月24日号」)によれば、チャンネル登録者数のトップ3は中田敦彦(オリエンタルラジオ)、江頭2:50、カジサック(キングコング・梶原雄太)。
このクラスの芸人であっても、国内トップ3のHikakin、はじめしゃちょー、フィッシャーズのチャンネル登録者数には遠く及ばない。当然、得られる収入も比較にならないわけだ。

にもかかわらず、YouTuber化する芸能人のなかには、本業でやっていけなくなったためにやむをえず的なパターンも多い。

たとえば、宮迫博之(雨上がり決死隊)は「週刊女性」の取材に「YouTubeを一生懸命やるのは当たり前」としたうえで、
「『テレビに戻らない』っていうのは、周りが勝手に言ってるだけですよ。うちのチーム全員がそこを目指して頑張ってくれている」
と、あくまでテレビ、それも地上波への復帰が「最優先事項」だと主張。そのためのステップであることを明かした。

それでも、こうした取材が来るぶんだけ、TKOの木下隆行よりはマシかもしれない。

ではなぜ、宮迫がテレビに戻りたいのかといえば、YouTubeが「辺境」だからだ。
つまり、彼にとっては「左遷」なのである。いくら新たな娯楽メディアとして持ち上げられようとも、世間の大多数がそこに抱くイメージはまだまだ野蛮な無法地帯というところだろう。

たとえば、フワちゃんというタレントがいる。芸人として世に出ようとしたがパッとせず、YouTubeに活路を見い出してブレイク。
おちゃらけた言動や下品な雰囲気がいかにもYouTuber上がりという気がして、彼女がテレビに出ているとチャンネルを変えるようにしている。これは筆者に限らないようだ。

また最近、YouTube動画での奇抜なパフォーマンスが面白がられて復活した広瀬香美にしても、懐メロ歌手が久々に脚光を浴びてまんざらでもない感じがちょっと痛ましい。
そういえば、昨年「あさイチ」に元SMAPの草彅剛が出演した際、彼のYouTube動画も紹介された。が、どうしてもふざけた印象が伝わってしまうため、朝のNHKにはそぐわないと感じたものだ。

もっといえば、へずまりゅうのような迷惑系YouTuberという存在もいる。逮捕されたあげく、コロナ感染まで拡大してしまった。
ともすれば、犯罪的なイメージまで連想させてしまうあたりが「辺境」たるゆえんだ。

■ぶっちゃけトークも多少の間違いも、YouTubeだからいいじゃない!

しかし、辺境にはそこならではの価値もある。それゆえ、新しいことにも挑戦できるし、これまでになかった面白さも生まれるからだ。
ただ、リスクもともなうため、分別のある大人は自分の子供がYouTuberになりたいなどと言い出したらいやな顔をする。

一方、子供たちはそのリスクもそれなりにわかったうえで憧れるわけだ。その成功モデルはあくまで、Hikakinのような専業YouTuberである。

そう、YouTubeはそんな未来ある勇敢な若者にこそ似合う場所。
本業でしくじったり、行き詰まった芸能人がいい歳して、参入する場所ではないのだ。

そういう人が参入しているのを見ると、いまどきの遊びに興じている若者グループにオジサンオバサンがまじっちゃっているようで、つらい。
なんというか、昔のラジオのDJの感覚でクラブDJをやっちゃっているようなズレを感じるのである。
しかも、下手をしたら自分のほうがいけているはずと勘違いしてるケースすらある。

キャラクターがYouTuber向きだと一部で言われている手越祐也(元NEWS)などもちょっと心配だ。

動画ではファンの質問に答えるかたちで「(パンツの色は)迷彩」「(初体験は)シックスティーン」などとぶっちゃけまくり。
以前、犯罪者との写真がネットに流出した件についてもこう、ネタにしてみせた。
「金塊強盗犯と仮に写真撮ったとして、その人が5~6年後に金盗みましたって。写真撮った俺、何も悪くないぜ? そのとき芸能界はもういいやって思った」

続きはソース先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/129ca7a132433502e2c3794b98827e72f24e51c2?page=1


引用元: ・【芸能】手越祐也に広瀬香美、宮迫博之、TKO木下、オリラジ中田… 都落ち感漂う芸能人のYouTuber化を考える #さくら [jinjin★]





2: 名無しさん@恐縮です
結局みんなYouTubeで復活してテレビに返り咲きたいんだろうな

3: 名無しさん@恐縮です
宮迫はテレビに出たくて仕方ない感じはわかる

5: 名無しさん@恐縮です
今までのテレビ知名度でスタートダッシュに成功しただけで
今後もマメに動画更新して本当の意味でYouTuberやれるのはごく一部だろう

6: 名無しさん@恐縮です
中田のYouTubeとか見たことないわ

7: 名無しさん@恐縮です
TVはひと昔

ラジオからテレビのように、メイン媒体が本格的にネットに変わるのはあと5年もかからないだろう

9: 名無しさん@恐縮です
そりゃyoutubeは何のステータスもないからな
俺でも今日からなろうと思えばなれるし

テレビの冠番組とか持てるのは限られた人だけだからそこにステータスを感じるんだと思う

10: 名無しさん@恐縮です
若い連中はテレビ見ないでYouTubeだよ

11: 名無しさん@恐縮です
結局ネットもテレビ局や芸能人が進出してきて稼ぐのはそいつらばっかりだもんな

13: 名無しさん@恐縮です
>>11
ネットコンテンツの多くはテレビのやってきた事だからな
テレビタレントと作家がやれば強いのは自明

12: 名無しさん@恐縮です
テレビの仕事ない人はYouTubeに行くしかないしな

14: 名無しさん@恐縮です
都落ち、、

15: 名無しさん@恐縮です
まだテレビが上だと思ってる老害記事
テレビはもうとっくにオワコン

19: 名無しさん@恐縮です
>>15
そうかな?
そのうちテレビ局が放送した番組の見逃し配信をYouTubeでやるようになってYouTubeもテレビ局が支配するよ

16: 名無しさん@恐縮です
中田は入江関連で怪しい情報商材グループとの付き合いが取り沙汰されてたし胡散臭えんだよ

18: 名無しさん@恐縮です
>>16
中田もテレビはもうヤバいのか…。

17: 名無しさん@恐縮です
広瀬香美って何故だがよく分からないけどL.A.で結構良い暮らしをしていて、印税収入がすごいんだと思ってたわ。

20: 名無しさん@恐縮です
YouTubeも最近は飽和状態だな