「結局はお金」 三浦春馬が親友に明かしていた家族との葛藤




 


「結局はお金」 三浦春馬が親友に明かしていた家族との葛藤




ピックアップ11

 


1: 影のたけし軍団ρ ★
7月18日、東京港区の自宅マンションで自ら命を絶った俳優の三浦春馬(享年30)。
生前の三浦から相談を受けていた親友・A氏が「週刊文春」の取材に応じ、三浦が金銭と家族関係にまつわるトラブルに悩んでいたことを明かした。

7月末、A氏は意を決したように言葉を絞り出し、取材に応じた理由を明かす。

「春馬が記した“遺書”を『週刊文春』で読み返し、胸が締め付けられる思いでした。長年にわたって彼が僕に語った通りの内容だったからです。
彼の死から2週間が経った今、真実とは程遠い記事も多く見受けられます。悩みに悩んだ末、彼が生き抜いた30年間の足跡をきちんと残そうと思い、取材に応じる覚悟を決めました」

三浦とはドライブなどで親交を深めたというA氏。折に触れて、三浦から相談を受けていたという。

「長年、春馬を悩ませていたのは家族とお金に他なりません。芸能界で売れるにつれ、家族の生活は派手になる一方で……。
彼の家族と何度も顔を合わせたこともありますが、春馬との関係が歪になっていく様も目の当たりにしてきました」

母親の離婚後、2017年頃、A氏は三浦から耳を疑うような発言を聞かされる。

「結局はお金のことばかり。今はとにかく両親と関わりたくない。あの人たちとは、二度と会いたくないんだ」

さらに三浦は「もう頭にきたから、地元の役所まで行って、籍を抜いてきた」と家族関係の“断絶”まで宣言したのだった。

三浦に一体何があったのか。「週刊文春」8月6日(木)発売号ではA氏のインタビューに加え、
三浦の親族による証言などをもとに、新たに浮かび上がってきた三浦の苦悩と葛藤を5ページにわたって報じる。
https://bunshun.jp/articles/-/39519


引用元: ・【週刊文春】 「結局はお金」 三浦春馬が親友に明かしていた家族との葛藤 [影のたけし軍団ρ★]





2: 名無しさん@恐縮です
そりゃそうだ

3: 名無しさん@恐縮です
責任のなすりつけ合い。
関わった周り全員悪人に見える。

4: 名無しさん@恐縮です
お葬式は母親が喪主なん?

6: 名無しさん@恐縮です
三浦の資産は家族にいくという・・・

7: 名無しさん@恐縮です
でも批判を規制したい人たちはSNSの書き込みのせいにします

8: 名無しさん@恐縮です
悲しい

9: 名無しさん@恐縮です
んん弱いな

10: 名無しさん@恐縮です
マジかや、親が殺したようなもんやな

11: 名無しさん@恐縮です
この人亡くなった時「僕も誹謗中傷凄いされてる立場として~」という動画を上げた堀江

12: 名無しさん@恐縮です
親友なのに亡くなった親友の家庭内事情ペラペラ喋ってインタビュー料貰ってんの?

13: 名無しさん@恐縮です
文春にベラベラ話す親友ねぇ~

14: 名無しさん@恐縮です
もうやめてやれ

15: 名無しさん@恐縮です
世界は欲しいものでの再放送 やってた まだ生きてた

16: 名無しさん@恐縮です
>>1
中森明菜も明菜の金で親兄弟が事業やら会社いくつも立ち上げてはすぐに倒産しててメンタル病んだと言ってた
研音にも嘘ついてお金借りにきてたとか

17: !ninja
最後は金目でしょ?

18: 名無しさん@恐縮です
子役とかも売れると両親が不仲になるとか聞くよね
やっぱり売れるとなかなか難しいmenもあるんだね

19: 名無しさん@恐縮です
いや人がいないとお金も意味ないだろ

なんで自殺したんだよ





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク