【話題】 多くの芸能プロは、芸能界始まって以来のピンチを迎えている




 


【話題】 多くの芸能プロは、芸能界始まって以来のピンチを迎えている




ピックアップ11

 


1: 影のたけし軍団ρ ★
「売り上げは昨年の10%程度! 自粛が解除されても元に戻るとは思えない。芸能界始まって以来の不況じゃないの…」
人気女優などが所属する中堅芸能プロダクション社長は力ない。

「何しろCMがなくなった。さらに新規ドラマの企画がない。バラエティーも数が減った。テレビ局のギャラだけではとてもやっていけない」

まさに「聞くも涙」の話だが、5月25日に緊急事態宣言は解除されたものの、仕事が元に戻る気配はまったくない。
「この状態は年内まで続く」との声もある。

「CMの制作クリエイターの3分の2はいまだに在宅勤務。クライアントから広告代理店へのCM依頼はほとんどストップしている。
大がかりなTVCMの制作はほとんどなく、タレントの出番、需要もない。芸能プロのCM収入は激減した」とこの社長。

テレビCMの広告費の多くはネットに移行した。若い世代はテレビを見ない。
若者はパソコンで情報を得て、ウェブ広告で商品を購入する。ウェブ広告から商品を申し込み購入できるので効率がいいからだ。

最近はタレントが小粒になり、知名度で商品が売れる相乗効果が少ない。
むしろクライアントや広告代理店は商品情報が豊富なCMを求めており、詳細な商品データが入ったCMを制作している。
ウェブ広告は、こうした制作システムが合致するようだ。

さらにウェブ広告は在宅勤務でもパソコンで制作できてしまう。
なので、もうタレントを用意し、スタジオを借り、大掛かりのセットを組み、カメラマン、ヘアメーク、音声、照明などのスタッフを動員する必要はないのだ。

多くの芸能プロは、芸能界始まって以来のピンチを迎えている。社員は3日に一度の勤務になり、3班に分けて勤務する形態が続く。
この状態は当分戻りそうもない。

ある芸能プロは、都内に劇場を新しく建設して新人の育成を目指したが、劇場公演は3月から中止にしている。
残ったのは家賃と劇場の建築費の支払い。これが重くのしかかる。

テレビ局のドラマ制作の新規がほとんど9月までストップ。
11月からのイベントスケジュールは入り始めているが、第2波、第3波が来ればイベントは中止になる。厳しい状況は変わりそうにない。
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200615/enn2006150001-n1.html


引用元: ・【話題】 多くの芸能プロは、芸能界始まって以来のピンチを迎えている [影のたけし軍団ρ★]





2: 名無しさん@恐縮です
ホンマかいな
3: 名無しさん@恐縮です
安泰なのって太田プロとか一部だけだろ?
4: 名無しさん@恐縮です
知らんがな
5: 名無しさん@恐縮です
淘汰だよ、生活していく上で供給過剰でさして必要としていなかったものが
ハッキリ目に見えるようになっただけ。
6: 名無しさん@恐縮です
ええやんいままでぬるま湯に浸かりすぎてた
7: 名無しさん@恐縮です
パヨチョンカルトばかりのヨゴレ業界なんて一回綺麗に潰れればいいんじゃね?
8: (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT
そこで自給自足なんじゃね?
(´・ω・`)
9: 名無しさん@恐縮です
CMが嫌だからみんなテレビ見ないのに
10: 名無しさん@恐縮です
具体名一切なし
11: 名無しさん@恐縮です
今までも要らなかった
12: 名無しさん@恐縮です
リモートの討論番組はまだしも、バラエティはほんとつまらんな。世も末だわ
13: 名無しさん@恐縮です
なんか面白い企画考えてみろよ。
クイズ番組、ネタ番組、街ブラ番組ばかり。ドラマは医者と刑事ものばっか。
報道は中韓寄り報道しかできねーし、そら衰退するわ
14: 名無しさん@恐縮です
だからなに?
15: 名無しさん@恐縮です
海外のスター様は非常時でも振る舞いがスターだった
日本の芸能村は卑しい乞食だった
16: 名無しさん@恐縮です
ネット関係の娯楽が発達し過ぎて芸能界の価値はとっくに暴落しとる
17: 名無しさん@恐縮です
不祥事出しまくり擁護しまくりの芸能人にCM任せてもな
18: 名無しさん@恐縮です
淘汰されていくだけ
20: 名無しさん@恐縮です
変化するモノだけが生き残るんやで




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク