【芸能】亡くなる直前まで挑戦続けた志村けんさん、自宅でTikTokを研究していた


1: 爆笑ゴリラ ★
3/27(土) 7:05
NEWSポストセブン

亡くなる直前まで挑戦続けた志村けんさん、自宅でTikTokを研究していた
志村さんがTikTokをやっていたらどんな姿を見せてくれていただろうか
 昨年3月29日に、新型コロナウイルスによる肺炎によって志村けんさん(享年70)が亡くなってから1年が経とうとしている。

「自分を見てくれる人を笑顔にするため、必死に努力をし続けていました。志村さんは自分がやりたいからではなく、待ってくれて喜んでくれる人のために一生懸命やろうという心を持った方でした。 あれから1年経ってようやく私は、志村さんのそんな素顔を、人に伝えたいと思えるようになりました。本当に真摯な方でした」

 そう語るのは、彼の私生活を約15年間、人知れず見守ってきた家政婦の星野初弥(はつみ)さん(35才)だ。星野さんは、志村さんが亡くなるまで東京・三鷹市にある志村さんの自宅に出入りし、身の回りの世話や病院への付き添いを重ねてきた。

 自宅では「テレビで見る彼とはまったくの別人」(星野さん・以下同)だったという志村さん。家でのほとんどの時間をテレビのある15畳ほどの書斎で過ごし、大好きな芋焼酎を手に、台本や仕事のスケジュールをじっと見つめていたという。

 多くのバラエティー、コント番組で活躍し“笑いの頂点”を極めた志村さんだが、歳を重ねても新たな挑戦をし続けた。

「最新の流行を追い求めて、自宅でTikTokの研究をしていました。ガールズバーに通っていたのも、楽しく飲みながら若い子たちの感覚や、最新情報を学ぶためだったようです」

 そんな志村さんが最後に取り組んだのが、山田洋次監督(89才)の映画『キネマの神様』への出演だった。
「役者に挑戦してみる、といった軽い気持ちではなく、覚悟を持って臨んでいることが伝わってきました。当時は体力が限界に達して歩くこともままならなかったんです。敬愛する山田監督の作品だからと悩みに悩んで引き受けたと言っていました。『おれは新人以下だから』『人一倍、一生懸命やらなきゃいけない』と言って、撮影までの日数を指折り数えていました」

『キネマの神様』は、無類のギャンブル好きで家族にも見放された「ダメ親父」ゴウ(志村さん)に「映画の神様」が奇跡をもたらす物語。昨年4月、志村さんが撮影に入ろうとした矢先にコロナ感染が明らかになった。志村さんの代役は、かつては同じ事務所の先輩でもあった沢田研二(72才)が務める。

 作品のホームページには優しげに笑う志村さんの写真とともに《あなたがいたから私でいられた 人と人とがつながれない そんな今だから あなたのことを 思います》とのメッセージが掲載されている。

 志村さんの遺志を継いだ作品は今夏に公開される。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c360f0a6a8d2fbbb7b5c1b526d05e16266a542d


引用元: ・【芸能】亡くなる直前まで挑戦続けた志村けんさん、自宅でTikTokを研究していた [爆笑ゴリラ★]





7: 名無しさん@恐縮です
>>1
それはキャバ嬢とのやり取りで使うつもりだったんだろ
エロのおかげでも向上心を持つことが大事

9: 名無しさん@恐縮です
>>7
これ

変に持ち上げてるのがマジでキモい
ただのスケベ芸人じじいじゃねえか

13: 名無しさん@恐縮です
>>9
スケベ無くしたらつまらん男になるぞ
伊丹十三も性欲と映画の面白さ比例してる

2: 名無しさん@恐縮です
いつまでもスケベ心持つのが大事

3: 名無しさん@恐縮です
たか

6: 名無しさん@恐縮です
jkの動画見てただけじゃね?

8: 名無しさん@恐縮です
>当時は体力が限界に達して歩くこともままならなかったんです。

歩けなかったけど、非常時にガールズバー行く体力はあった

10: 名無しさん@恐縮です
>>4-5
www
志村ってそういうのでいいんだよな
変な偉人みたいな扱いにしやがって

11: 名無しさん@恐縮です
TIKTOKを研究とか…





芸能

Posted by geimato