【芸能】池田エライザ「『外人』と足蹴にされて…」学生時代の差別体験を乗り越えた「読書の旅」




1: 爆笑ゴリラ ★
3/25(木) 20:14
SmartFLASH

池田エライザ「『外人』と足蹴にされて…」学生時代の差別体験を乗り越えた「読書の旅」
Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
 あなたの知る「池田エライザ」は、どんな人だろう。女優、2020年にデビューした映画監督、作家、カメラマン……。マルチな才能を発揮する池田本人が、どの肩書きにも染まらない “原点” を語った。

「子供のころはバレエを習っていたものの、休みになれば、男の子たちとサッカーおよびソフトボールに明け暮れる “野生児” でした。うちは兄2人、弟1人の4人きょうだい。ゲームはコントローラー4つで、4人対戦ができたんですよ。

 そのゲームも、なかなか横着なやり方をしていて(笑)。たとえば私が今でも大好きな『ゼルダの伝説』なら、お兄ちゃんに『神殿(ダンジョン)やって! ボス戦だけ私がやるから!!』と頼んだり。そんな環境で育ったので、女の子らしい『お人形遊び』とかは、本当にしていなくて」

 池田には、昔から続いている、彼女の “土台” ともいえる習慣がある。

「本はずっと、たくさん読んできました。子供のころは、ベッドの枕元に平積みにしていたので、いつも寝ているとき、バンッと顔に落ちてきて(笑)。それは、読書好きだった父の影響ですね。

 読書に目覚めたのは、小学校2年生ぐらいからです。はじめは、『かいけつゾロリ』『怪談レストラン』なんかを読んでいきました。ちょうど『ハリー・ポッター』シリーズが流行っていて、そのおかげで私たちは、ちっちゃい子でも分厚い本が読める世代でした。

 私は図書委員をやっていたんですが、図書室や図書館はいつも大繁盛。休日は、お母さんに市立図書館に連れて行ってもらったり、公民館の図書館にはしごで行ったりして。今は週に1冊が精一杯ですけど(苦笑)、そのころは、1日2冊は読んでいました」

 そうして重ねた読書経験は、子供のころから人並みならぬものだった。

「文豪たちの本は、小学生のときにあらかた読みました。『檸檬』(梶井基次郎)とか読んでたらカッコいいかな、って(笑)。

 みんなが教科書で『羅生門』(芥川龍之介)を読んでいるときには、『こちとら、もう『芋粥』とか『鼻』とか読んでますけど? 芥川は、明るいほうがおもしろいんだから!』って。小さいころの私には、そんなふうにちょっと見栄っ張りで、はすっぱなところがありましたね。

 当時はとくに、『三毛猫ホームズ』シリーズの赤川次郎さんが大好きで。字が大きくて、ふり仮名もあって読みやすかったんですよ。大人になってから、赤川さんの本の帯を書かせていただいたこともあったんですが、本当に嬉しくて、泣いてしまいました」

 本を読むことは幼少期の池田にとって、趣味以外の大切な意味があった。

「その当時、私のようなハーフの子は少なくて、まだ人種差別的な偏見が根強くありました。小・中学校では、同じ学校に通うコたちから、『おい、外人』と足蹴にされていて……。

全文はソース元で
no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/4decdd517015b856a16f9ebb17eb7cfa456f2f1b


引用元: ・【芸能】池田エライザ「『外人』と足蹴にされて…」学生時代の差別体験を乗り越えた「読書の旅」 [爆笑ゴリラ★]





2: 名無しさん@恐縮です
池田エライな~

3: 名無しさん@恐縮です
外人のおかげで仕事貰えてるんだから文句言うべきじゃない

4: 名無しさん@恐縮です
読書好きだったお父さんは泣いています

5: 名無しさん@恐縮です
今は容姿で仕事をしています。

6: 名無しさん@恐縮です
ハーフってすぐいじめられたって言う
多分ハーフじゃなくてもいじめられてるわ

7: 名無しさん@恐縮です
あの動画みたらおっぱいは入れ乳ぽかった

8: 名無しさん@恐縮です
子供時代にいじめエピソードがないハーフがいないんじゃってレベルで高頻度なのは悲しいことだ

10: 名無しさん@恐縮です
ハーフいじめるやつなんかいなかったけどなあ
いやなこといわれる何倍も、小学生時点ですらチヤホヤされてたぞ

14: 名無しさん@恐縮です
>>10
中学の時フィリピンハーフいたけどいじめる側だったわ
他にもいたけど生意気で感じ悪かったしいじめられてなかった

11: 名無しさん@恐縮です
ぜってー嘘

13: 名無しさん@恐縮です
俺なら仲良くなれたのに




芸能

Posted by geimato