【相撲】昨年引退した元関脇・嘉風、出身の佐伯市を提訴 「市のPRの渓流下りで大怪我をし、引退を余儀なくされた」




 


【相撲】昨年引退した元関脇・嘉風、出身の佐伯市を提訴 「市のPRの渓流下りで大怪我をし、引退を余儀なくされた」




ピックアップ11

 


1: ニーニーφ ★
 昨年9月に引退した大相撲元関脇・嘉風(よしかぜ)の中村親方(38)が、出身地の大分県佐伯市をPRするために渓流下りをして大けがをし、引退を余儀なくされたとして、市などを相手取り、計約4億8千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
市への取材でわかった。市側は「市のPRとして依頼はしていない」と争う姿勢を示している。

 市によると、渓流下りは「キャニオニング」と呼ばれ、乗り物には乗らずに岩肌を滑り降りるアウトドアスポーツ。
佐伯市が観光施策として業者に委託し、藤河内(ふじがわち)渓谷で実施。7年間で4千人以上が利用したが、ほかに大きなけがをした人はいなかったという。

 中村親方は現役力士だった昨年6月20日、市の委託業者のインストラクターとともに渓流下りを体験。その最中に右ひざに大けがをした。
ドクターヘリで病院に搬送されたが、足首などにまひが残り、装具をつけなければ歩行も難しい状態となり、引退を余儀なくされたという。渓流下りには市職員も同行していた。

 中村親方側は、市が誘致した部屋の一部力士の合宿の中で市のPRのために渓流下りをし、事故につながったと主張。
一方、市側は「合宿は市が誘致したが、キャニオニングは市のPRのためではない」とし、双方の弁護士を通じて話し合っていた。

 佐伯市の田中利明市長は中村親方が小学生のころから市相撲連盟の副会長や会長を歴任。
田中市長は昨年10月の定例会見で「道義的責任を感じている。合宿そのものは市が誘致した。キャニオニングに行く前にも連絡があり、プロのアスリートだから気をつけていけよと(職員には)伝えた」と明かしていた。

 田中市長は19日、朝日新聞の取材に「訴状の内容を精査し、対応していきたい」とコメントした。(佐藤幸徳、倉富竜太)

https://www.asahi.com/articles/ASNBM73N6NBMTIPE027.html


引用元: ・【相撲】昨年引退した元関脇・嘉風、出身の佐伯市を提訴 「市のPRの渓流下りで大怪我をし、引退を余儀なくされた」 [ニーニーφ★]





2: 名無しさん@恐縮です
因果関係ははっきりさせるがよき

3: 名無しさん@恐縮です
うーん

4: 名無しさん@恐縮です
デブだから?
他に怪我人居ないんでしょ?

5: 名無しさん@恐縮です
うーん
なんか不幸な話だな

6: 名無しさん@恐縮です
豪風「俺は何も観光資源が無い県出身で良かった」

7: 名無しさん@恐縮です
気持ちはわかるけど
故郷なんだからさ…裁判はやめてあげてよ

13: 名無しさん@恐縮です
>>7
だよなあ
普通の神経ならこんなことしない

8: 名無しさん@恐縮です
市長がどう見ても力士側

9: 名無しさん@恐縮です
まぁ訴訟はしょうがねえわなと思ったら
額が

10: 名無しさん@恐縮です
どんなケガしてん
骨出たんか?

11: 名無しさん@恐縮です
佐伯市と言えば人口40万人ちょっとの田舎だろ

12: 名無しさん@恐縮です
現役を続けてたら4億8千万稼げたと?

16: 名無しさん@恐縮です
きっぱり断るべきだったな
一般論として国や自治体に裁判で勝つのは難しい
自分の身は自分で守るしかない

17: 名無しさん@恐縮です
4億8千万wwwwww
引退間近の37歳の時だしなあ・・・無理があるやろ。本人の不注意か、運営に悪い部分があったのかで結構違うだろうけど

18: 名無しさん@恐縮です
ダンスに冷笑

昇進かかった同胞には0勝

八百長の白!

19: 名無しさん@恐縮です
いや、プロのアスリートじゃなくても気をつけてくれよ

20: 名無しさん@恐縮です
こんなん自己責任やん
とことん市は対抗しとけ





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク